スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一人でも多くの方に見ていただきたいので、よろしければポチをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

歯肉炎のみぃ

2003年頃、以前済んでいたところで、毎朝1時間ほどウォーキングをしていた。
いつの頃からか分からないが、河原へ行くと、猫が、遊んでくれるようになった。
mi04.jpg
雨の日も、雪の日も待っててくれるので、必ずその河原へ立ち寄るようになった。

そんな毎日が、続き、やがて、この子と一緒に暮らせないだろうかと、ペット可の賃貸を探したが、なかなか思うような物件が見つからず、結局、中古の一軒家を購入。
mi05.jpg

晴れて猫との生活に突入したのだが、あんなになついていたみぃが、引きこもりになって約4ヶ月が過ぎた。
mi06.jpg

2度ほど脱走をし、近所の野良にこてんぱんにやられてからは、何とか家猫になってくれた。
IMG_0704.jpg
数ヶ月後に迎え入れた2匹目のちびと共に仲良く穏やかに暮らしていたのだが、
IMG_0687.jpg
突然食べると悲鳴を上げるようになった。

AIDSも白血病もなく、他にどこもおかしな所はないが、歯肉が赤く腫れ上がりとても辛そうでした。
IMG_0738.jpg
それ以来月に1度は、ステロイドの注射が、続いています。

最初に通っていた、病院で抜歯を勧められ、よくなるならとお願いしたら、しっかりしていて、1本しか抜けませんでした。
しばらく様子を見て、歯が悪くなったら抜くしかないですな。はっはっはっ。ときたもんだ。
謝罪の言葉も全くなく、もう煮えくりかえるぐらい頭に来たが、何とか押さえて、病院を変えた。

2件目の病院も治療は同じ。
段々と注射が効かなくなり、どんどんステロイドの量が、増え、やがて、皮膚が、薄くなり、ちょっと掻くと出血するようになった。
それを指摘すると、抜歯をと。
ここも同じかと、また、別の病院へ。
mi16.jpg

3つめの病院でも、結局は、同じ治療。
最初は口の中を確認していたが、そのうち、それもしなくなり、みぃ=歯肉炎の治療=ステロイド注射という感じになってきた。
この病院は、待ち時間が少なく、治療も瞬察なので、猫にとっては、負担が少ないのだが、こちらお言う事をまともに聞いてくれず、あまりに気分屋で、非常に不愉快な事が多く、結局家から近い、新しくできた病院へ転院した。
mi15.jpg
最近では、そろそろ病院へ行く次期になると、朝から姿をくらまし、やっと見つけてキャリーに入れるときに、必ずお漏らしをするようになってしまった。

なにか、治療法はない物かと、ネットを漁っているとジスロマックという抗生剤がいいらしい事が分かった。
この病院では、置いていなかったが、試してみたいというと、快く取り寄せてくれた。

3回のませて治ったなんて書き込みもあり、それはないだろうと思いながらも期待しつつ試してみた。

今まで、1ヶ月に1度は、必要だったステロイド注射が、1月半になり、2ヶ月となった。
病院大嫌いなみぃに取って、これだけでもありがたい。
一時は、3kg近くまで減った体重も、22日量ったときには、3.6kgまで回復していた。
以前はひどかった口臭も全くしなくなり、本にゃんもご機嫌に過ごせる日々が増えてきました。

今度は、3ヶ月、半年になる事を期待しつつ、もう少し続けてみたいと思います。


一人でも多くの方に見ていただきたいので、よろしければポチをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

nekonoyashiki

Author:nekonoyashiki
ようこそ猫屋敷へ!!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。