スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一人でも多くの方に見ていただきたいので、よろしければポチをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

1年ありがとうございました。

2012年は、インフルエンザから始まりました。
おそらく、子供の頃にかかったきりだと思いますので、45年ぶり?
iphone_20120121103035.jpg
にゃんずに心配されながら、何とか生還(大げさ)
でもこういうときは、一人だと大変です。
自分のことはとにかく、にゃんずのお世話は休むことが出来ません。


2月には、壁に立てかけておいた脚立ににゃんずが群がり、見事ノートパソコンを直撃
Kowareta.jpg
こんなんなりました。
ダメ元で部品を取り寄せ、自分で取り替え、6,880円で修理完了。
お店に問い合わせると、8万以上かかるとか???
何でもやってみるもんですね。

3月は、いろいろありました。
勤続30年の休暇と旅行券を利用して、にゃんこの島 田代島へ行って参りました。
元々何年か前のテレビ番組を見て単純に行ってみたいと思っていたのですが、あの大震災で全く違う意味の旅行になりました。
iphone_20120319101139.jpg
iphone_20120319101446.jpg
何度も記事を書こうと思いましたが、震災後1年目にたった1度、ほんの少し現場を見ただけの私には、とても記事に出来ませんでした。
旅行の間、案内やいろいろな手配をしてくださったジェミーさん、星子さん、会長さん、お世話になりました。
何度も何度も書きかけたのですが、記事に出来ず申し訳ありません。

そしてかけなかったのには、もう一つ理由がありました。
旅行に出かける少し前に、あろう事か、もとPawAidのメンバーによる多頭飼育崩壊が起きてしまいました。
IMG_1092.jpg
皆様の温かいご支援のおかげで、一部を除いて、幸せをつかむことが出来ました。
本当にありがとうございました。

4から 6月は、その多頭飼育崩壊の子たちの里親様の募集で、奔走しました。
大阪へも行きました。
猫の幼稚園様には、お世話になりました。

そして、8月悲しい出来事がありました。
IMG_5552.jpg
完全家庭内のらのソランが、他界しました。
赤血球がどんどん減少し、やがて食欲がなくなり、最後は、手の施しようもなく、入院中のソランを自宅で看取るつもりで迎えに行ったところ、急に様態が悪化し、撫でてやったら、そのまま息を引き取りました。
エイズ、白血病、ヘモプラズマ、自己免疫性溶血性貧血 すべて、陰性。
検査結果が出るまで時間がかかるので、これらの病気を見越して、インターキャット、抗生剤、ステロイド、静脈補液、そして白ちゃんから、輸血もしました。
でも救ってやれなかった。
苦しみを長引かせただけに終わりました。


ソラン君ごめんね。

そして、9月 またもや多頭飼育崩壊
今回は、家の中に当初30匹の猫を置き去りにして、家賃を半年滞納した上夜逃げをしたというものです。
経緯はとにかく、関わってしまった以上、里親様捜しに邁進するしかありません。
20120812222038265.jpg
この小牧猫たち、猛暑の中水も食料もなく、よくぞ生きていてくれたという状態でした。
大人の猫でも2kgそこそこ、」がりがりを通り越して、ぺらぺらでした。
普通猫は、知らない人が近づくと、姿を隠すものですが、いきなりすりすりしてきて、ケージの中に餌を置くと自らケージの中に入り、この写真のような状態に。
最終保護した小牧猫は、50匹、2012年「12月現在、まだ25匹の行き先が決まっていません。
小牧猫たち、みなすりすりごろごろで、とってもフレンドリー。
初めて猫を飼う人でも飼いやすいと思います。

でもこのフレンドリーさは、猫とは思えません。
それだけ大切にされていたんだという人もいますが、大切にしていたのなら、置き去りになんて出来ないはずです。
個人的には、スリスリすると、餌がもらえるという猫たちが身につけた処世術なのではないかと思います。

皆様方の厚いご支援により、充分な医療と食料を食べさせてやることが出来ました。
でも、まだ、愛情に飢えている子たちがいます。
今後とも応援をよろしくお願いします。


10月の譲渡会で我が家で預かっていた小夏が幸せをつかみました。
子夏
里親様のWさまにお届けしたのは、」11月のはじめ。
最初の一月くらいは、突然背中がぴくぴくして、それに驚き、いらだって走り回ったり、異常なグルーミングをしたりと心配なこともありましたが、Wご夫妻の愛情のおかげで、落ち着いてきたようです。
いままで、50匹も野猫たちの中で、満足に食べられず、ゆっくりくつろぐことも出来なかったであろう生活から、一変したのも原因なのかもしれません。
その原因を知っているのは、小夏だけ。
これからはいっぱい幸せになってほしい。

そして、小牧猫のお届け出新潟まで走ったのもこの月です。

10375264_1798979126_136large.jpg
往復1,047kmちかれました。

11月には、2にゃんをお願いするため、猫の幼稚園さんに行って参りました。
IMG_3071.jpg
先に園長さん自ら名古屋までお迎えに来ていただき、幸せをつかんだ2にゃんも飼い主さんと一緒においでくださいました。
IMG_1515.jpg
こんな料理まで振る舞っていただき、猫2匹に同行した叔父叔母総勢4名は、大喜び。
いつもいろいろお気をお遣いいただいて、大変恐縮です。

そしてあっという間の12月

まだまだおうちの決まっていない猫たちがたくさんいます。

もしお近くに猫を飼いたいなぁという方が見えましたら、是非一声おかけくださいね。
往復、1,000kmまでは、なんとかなるかなぁ。。。。



一人でも多くの方に見ていただきたいので、よろしければポチをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

nekonoyashiki

Author:nekonoyashiki
ようこそ猫屋敷へ!!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。