スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一人でも多くの方に見ていただきたいので、よろしければポチをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

激走1050km 小牧猫お届け

50匹もの小牧猫たちを保護して、まだ、ばたばたしていたときに、早くから里親になりますと声を上げて頂いた松本市のY様とこちらで引き取って、里親様を捜しますとおっしゃって下さった新潟のI様の元へ先日の13日にようやくお届けに行ってきました。

当初我が家でお預かりの小夏を連れて行く予定でしたが、直前の血液検査でエイズ陽性で断念。
しかし、他の小牧猫たちからは、エイズも白血病も出ていないので、納得できず、遺伝子検査をお願いしました。

その結果が出るのが、13日の予定だったので、気にしながらの出発となりました。

我が家を5:30に出発 しかし、猫たちのご飯やトイレの掃除を考えると3:30に起床。

予定通り5:30に石狩挽歌さんと合流し、一路、幸せの切符 haruさん宅へ、そこで黄色ちゃんを乗せ、更におかん宅で2にゃんを乗せていざ松本へ。

途中病院へ電話し、遺伝子検査の結果を聞きました。
なんと結果は陰性。
小夏は、エイズではなかったんです。
心うきうきで、松本着。

松本のY様宅では、
10375264_1798979115_101large.jpg
いきなり長老(16歳)のちびちゃんがお出迎え、

10375264_1798979062_131large.jpg
でもそこは、小牧猫 早速探検を開始

10375264_1798979054_43large.jpg
新しく用意して頂いた、キャットタワーでご満悦。

ジュズ2
本日里親様から届いた写真
もうこんなにくつろいでいます。

松本を後にして、新潟へ向けて出発。

道中、米山サービスエリアで
10375264_1798979171_118large.jpg
名物のサバサンドを堪能。
レモン汁と塩こしょうで、あっさり食べやすく、大変おいしゅうございました。

10375264_1798979175_156large.jpg
サバサンドをほおばりながら、日本海を望む 石狩挽歌とその写真を撮らされる家来たち。

更に走ること数100km
新潟に到着
10375264_1798978937_123large.jpg
サビの黄色ちゃんと

10375264_1798978957_142large.jpg
23番ちゃんも無事到着。

もう既に里親候補様がいるとのことで、別れを惜しみつつ、お願いして、いざ名古屋。
一泊して、海の幸を堪能したいところですが、それぞれの家には、ご飯を待つ(ごはんかい?)かわいい猫たちがいるので、そんなわけにもいかないところが残念。

10375264_1798979152_172large.jpg
またまた、米山パーキングで、佐渡を望み。
10375264_1798979150_240large.jpg

目指すは、駒ヶ岳パーキング。

10375264_1798979147_149large.jpg
人気ナンバーワンのソースカツ丼を食し、英気を養い、帰路につきました。

10375264_1798979126_136large.jpg
全走行1,047.2km 18時間10分の旅でした。

関連記事


一人でも多くの方に見ていただきたいので、よろしければポチをお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遠路はるばるとご苦労様でした。
小夏ちゃんもエイズ陰性で良かった、良かった。
新潟、長野と日帰りですか。本当にお疲れ様でした。

みんな、新しい土地で健やかに暮らしてほしいです。
そして、さっそく寛いでいる写真が励みになりますね。

Re: No title

iharajaさん 本当に遠かった。
でも3人で交代していったので、思ったほどの負担ではありませんでした。
もっとも一人は、100km位しか運転していないので、残り二人で900km走ったことになりますが。...

小夏 本当に良かった。
50匹の猫で、他にでていないので、納得できず、遺伝子検査(8,000円)に出しましたが、普通だったらエイズキャリアと言うことになっていたでしょうね。

我が家には、他にもキャリアがいますが、もしかしたら濡れ衣かも知れませんね。
逆にエイズ陰性だと思っていたら、実は陽性だったと言う事も充分あり得ると言う事ですよね。

バイクで1日800kmは、経験ありますが、1,000km越えは、初めてです。

小牧猫は、みんなスリスリごろごろなので、どこへ行っても通用すると思います。
ただ、50匹の猫を懐かせるというのは、どう考えても無理だと思うので、生きていくために猫たちが身につけた処世術の様な気もします。
そう考えるとその健気さが、悲しいですね。

里親様からの幸せそうな写真は、本当に励みになり、苦労も報われますね。
どこかから譲り受けた方は、1年に1回でもいいので、是非写真をお送り頂きたいです。

ひもじい思いをした分、猫一倍幸せになってほしいですね。
プロフィール

nekonoyashiki

Author:nekonoyashiki
ようこそ猫屋敷へ!!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。